ホストクラブのホストや、レンタル彼氏と遊んでみる

a good looking boy

システム

hosutokurabu

ホストクラブというところは、お金がとことんかかるイメージであるといわれている。
確かに、ボトルを下ろしたりなどお金を遣うようなことをすればそれ相応の金額はかかってくるといえる。

しかしながら、最初からそのように高額な請求がかかるようなことはない。
基本的には、初回料金という設定が存在しているためまずは雰囲気だけ確かめるなら、敷居はかなり低いといえる。
店舗によるが、飲み放題付きで高くても1時間もしくは2時間で数千円。1000円を切る店舗もある。
場合によっては飲み飲ませ放題というお店もあるため、初回料金で十分楽しむことが出来るといえる。

基本的には身分証の提示が初回入店時には必要となる点を、忘れないようにする必要が有る。

営業時間に関しては、夕方頃から深夜1時までの営業となっていることが多い。
それは、風営法上の兼ね合いが関係している。
夜1時以降の営業を行うためには風営法に則った申請を行う必要が有るが、それを行うと隣に座っての接客が不可能となる。
ホストクラブに置いて隣りに座っての接客ができないというのは致命的であり、またホストクラブの醍醐味の一つがなくなるといえる。
そのため、ホストクラブは原則的に深夜1時までの営業となっているのである。

また、店舗によっては2部営業を行っている場合もある。
また、店舗によっては2部営業を行っている場合もある。
風営法に抵触しない早朝日の出からの営業が、2部営業に相当する。
具体的な時間は確定していないことのほうが多いが、平均的に5時前後から営業を行っていることが多い。
そこから、店舗によりラストまで、おおよそ10時や11時、時にはお昼を回っての営業となることもある。

リピート

二回目以降に同じお店に飲みに行く場合、初回とは料金システムが違う点に留意する必要が有る。
指名料は店舗によりかかったりかからなかったりとなる。
初回料金の際には飲み放題が付帯してくることが多いが、二回目以降の来店に関してはキャッシュオン形式になる点が大きく変わるといえる。

時間に関しては大体1時間の基本チャージがあるが、明確な区切りが指定されることのないフリータイムの概念もあるのが特徴である。
結果、かかる費用としては「時間ごとのチャージ+飲み物代」という計算となる。

これにボトルを下ろせばボトル代がかかり、出前などの飲食を頼んだ場合はその代金がかかったり、様々な出費があることもある。
最終的に、会計時には税金とサービス料として、会計の30%から35%が大半のお店で加算されることを留意しておきたい。
まれに、サービス料加算のことを失念して料金トラブルになるケースも有るため、サービス料は基本ルールとして計算に入れておく必要が有る。

地域

chiiki

ホストクラブは、首都圏などの都心部を中心に存在している。
定番のエリアといえば新宿歌舞伎町であり、また大阪ミナミの宗右衛門町である。
この他にも、北海道ススキノや、名古屋栄に錦、福岡中洲は主要な地域として数えることが出来るといえる。
その他の地域にも、店舗数こそ多くはないものの様々な地域に店舗は点在しているため、首都圏のみの遊びではないのである。


千葉エリアのセクキャバで仕事をしたいなら;キャバイト
大阪界隈のキャバクラ店の派遣登録は<グッドキャスティング >
堺のキャバクラはOLコスの女の子が待っていますよ|秘書と野獣
大阪で男子に人気の昼キャバは:グラマラスガーデン
[2]
[4]

新しい記事

kyuujin

求人情報

ホストの求人情報を探すにあたっては、現在ではインターネットで探す方法が主流になりつつある。…

詳細はこちら
date

デート

いわゆるホストクラブでのホストが店内での関係を主軸においた関係であるのに対して、レンタル彼…

詳細はこちら
イケメン日本人

応募

現在求人情報は、インターネットを中心として展開されている。ホスト求人に関してもその例外では…

詳細はこちら

ニュース

2013/10/15
求人情報
2013/10/15
デート
2014/01/20
応募
2014/01/31
違い